2020年 6月 4日 (木)

新型コロナ抑え込んだタイの感染対策すてき!100万人の保健ボランティアが家々を回って検温やマスク・消毒液配布

印刷

   新型コロナウイルスの感染者が中国以外の国で初めて確認され、3月末(2020年)に患者が急増したタイは、5月13~16日は新規感染者0人と、ほぼ封じ込めに成功したとみられる。3日には規制が一部緩和されて経済活動が再開したが、第2波も起こっていない。

   その理由の1つが、全国に100万人いるという「保健ボランティア」だ。保険省の訓練を受けたボランティアが1人10~15世帯を受け持って、マスクや消毒液を配布したり検温したりして、国民の健康を管理している。

バンコクではカラフルなフェイスシールド270円!お坊さんも装着

tv_20200522131703.jpg

   また、首都バンコクでは、街のいたるところでカラフルなフェイスシールドが売られている。1枚80バーツ(約270円)程度で、オレンジ色の僧衣を着た僧侶たちも、民族舞踊を踊る女性たちもフェイスシールドを着けている。マスクとのダブル装着姿も珍しくない。

   さらに、1週間に10万個売れているヒット商品が、「プッシュスティック」だ。手のひらサイズのキャップつきの棒で、エレベーターのボタンやクレジットカードの入力キーなどを押す際に、指の代わりに使う。キャップの部分に消毒液を入れておくことで、スティックを清潔に保つことができる仕組みになっている。日本円で200円程度だ。

   デパートの対応も徹底している。クラスター対策として、入店の際に専用アプリで電話番号を登録する。体温チェックや手指の消毒だけでなく、スマホも消毒。エレベーターは1基につき6人で、それぞれが異なる方向を向くよう床に足のマークがかいてある。足でボタンを押せる仕様になっているものもある。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中