2020年 7月 9日 (木)

プロ野球6月19日に無観客で開幕。小倉智昭「やっぱり球場でビール飲みながら応援したい」となげき節

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「小倉news」コーナーで、司会の小倉智昭が「試合の結果が載ってないスポーツ新聞ほどつまらないものはないねえ」と嘆いた。プロ野球は6月19日(2020年)に開幕するが、さしあたっては無観客試合だ。「7月10日にも生観戦」と伝えるサンケイスポーツの記事が紹介されたが、「あくまでも希望的観測でしょ。テレビで見るのもいいが、やっぱり球場でビール飲みながら応援したいですよ」と待ち遠しそうだ。

   今シーズンは143試合が120試合に減り、セリーグはクライマックスシリーズもやらない。3連戦を6連戦にして、次々に試合を消化する日程も検討されているという。

8月の生観戦OKでも全員マスク姿とは、ちょっと不気味だ

tv_20200526122104.jpg

   小倉「プロ野球は放映権が1試合1億円なんて言われていたけれど、近頃は落ち着いてきて、球団は入場料とグッズの売り上げが大きくなっているんですよ。無観客だとお金が入ってこない。ねえ、カズレーザー」

   カズレーザー「ボールパークとかいって、子供も楽しいですものねえ」

   新型コロナウイルス対策で、8月に入って生観戦がOKになっても、入場はシートの50%までに規制される。1座席おきでパラパラだ。笛・太鼓の応援も自粛、全員マスク姿で大声を出すなということになるのだろうか。盛り上がらないだけでなく、なんか不気味だ。「とにかくスポーツの真剣勝負を目の当たりにしたい。楽しみにしましょう」と小倉は最後までさみしそうだった。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中