2020年 10月 25日 (日)

東京都に残る村の桧原村の、山の奥の奥にある一軒蕎麦屋の『みちこ』。築400年が今に生きる人間賛歌
<ポツンと一軒家 東京都の山奥で発見>(テレビ朝日系)

    裏番組の大河を凌駕する人気番組。今回は東京都の桧原村のポツンと一軒家。天から見た一軒家が行ってみたら廃屋同然で、その先の先にやっと出てきた大きなそば処『みちこ』。こんなところにお客が来るんかいナと半信半疑のDやP。どうしてどうして立派な蕎麦屋である。1年半前に取材した店が閉店したその後を追おうとしたところ、なんと、「みちこ」さんはサブに回って親族が再開していた。

   築400年の歴史ある古民家で、昔は代官様のお休み処でもあった。手打ちの蕎麦に天麩羅は裏の山で取ってきた山菜の手作り。1年半前の映像では、女主人の「みちこ」さんはシャキシャキしていて、なるほど山の中でもこの人は東京人(桧原村)だワイと思わせる雰囲気がある。可笑しかったのは、下の方で出会ったお爺さんが、実は先回りして蕎麦屋まで案内してくれたこと。断崖絶壁の道なき道の1本道をコワゴワ登るスタッフたちの悲鳴と深山幽谷!

   この番組の人気の秘密は一にも二にも人間賛歌である。コンクリートジャングルに住んでいる人間には、「なんであんな不便なところに住むのか」と不思議に思えるが、先祖代々その地に住んできた末裔にとっては住めば都なのだ。テレビやネットがあれば情報は都内と変わらず取り込める。お客さんは向こうから来てくれる。

   大昔、子供の頃、筆者は世界地図を見て、日本の小ささにがっかりしたものだが、どうしてどうして日本は広く奥深いのだ!(放送2020年5月24日19時58分~)

   (黄蘭)

採点:1.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中