2020年 11月 28日 (土)

大河「麒麟がくる」風間家康が来たー!の大興奮 一方で「桶狭間のフィクサーが帰蝶ってアリ?」「マザコンドラマか!」と疑問の声も

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第20話「家康への文」が5月31日(2020年)に放送されたが、ついに後の徳川家康になる松平元康(風間俊介)が登場した。

   ネット上では「風間家康が来たー!」と大興奮が起こった。その一方で、今回も桶狭間の決戦を前に信長(染谷将太)を影で動かす帰蝶(川口春奈)の暗躍ぶりに、「桶狭間のフィクサーが帰蝶ってアリか?」と疑問の声も。

  • 風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)
    風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)
  • 風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)

「麒麟をつれてくるのは、やはりこの家康か?」

   「家康への文」では今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始する。成人した松平元康(旧名・竹千代/風間俊介)が先鋒を任されるが、明智光秀(長谷川博己)は戦を回避するべく動き出す。帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に光秀は元康の母・於大(松本若菜)と伯父・水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向けるのだった......。

   ネット上では家康登場にこんな声が相次いだ。

   「厭離穢土・欣求浄土が家康の生涯の旗印。麒麟をつれてくるのは、やはりこの方!?風ポンの演技なかなかのもんでした。若々しさ、賢さ、そして憂いも感じていい若殿振り。しかし、駒ちゃんと歩いているシーン、身長があまり変わらず、ちまっとしていて可愛らしかったなあ。信長も家康も見た目可愛い今大河」

   「染谷信長に続いて風間家康もなかなかの好演。さすが少年時代からのジャニーズ経験がものを言っている。何年も会っていない母親からのわが子を思う手紙にこっちも涙が。それだけでも家康は幸せ者だ」

   「風間君本人のコメントに、皆さんが知っている家康は天下を狙う大名になってから。狡猾で非情な面もある家康を後ろから追っての若い家康にはしませんと言っていた。おそらく染谷君の信長のように、新しい家康像を見せてくれると期待しています」

   「風間くんは日曜ドラマ『陸王』で誠実な銀行員役をされていましたが、顔の感じが善人なので、悪人の役はしづらそうですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中