2020年 7月 10日 (金)

大河「麒麟がくる」風間家康が来たー!の大興奮 一方で「桶狭間のフィクサーが帰蝶ってアリ?」「マザコンドラマか!」と疑問の声も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第20話「家康への文」が5月31日(2020年)に放送されたが、ついに後の徳川家康になる松平元康(風間俊介)が登場した。

   ネット上では「風間家康が来たー!」と大興奮が起こった。その一方で、今回も桶狭間の決戦を前に信長(染谷将太)を影で動かす帰蝶(川口春奈)の暗躍ぶりに、「桶狭間のフィクサーが帰蝶ってアリか?」と疑問の声も。

  • 風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)
    風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)
  • 風間俊介の家康(NHK「麒麟がくる」の番組ホームページより)

「麒麟をつれてくるのは、やはりこの家康か?」

   「家康への文」では今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始する。成人した松平元康(旧名・竹千代/風間俊介)が先鋒を任されるが、明智光秀(長谷川博己)は戦を回避するべく動き出す。帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に光秀は元康の母・於大(松本若菜)と伯父・水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向けるのだった......。

   ネット上では家康登場にこんな声が相次いだ。

   「厭離穢土・欣求浄土が家康の生涯の旗印。麒麟をつれてくるのは、やはりこの方!?風ポンの演技なかなかのもんでした。若々しさ、賢さ、そして憂いも感じていい若殿振り。しかし、駒ちゃんと歩いているシーン、身長があまり変わらず、ちまっとしていて可愛らしかったなあ。信長も家康も見た目可愛い今大河」

   「染谷信長に続いて風間家康もなかなかの好演。さすが少年時代からのジャニーズ経験がものを言っている。何年も会っていない母親からのわが子を思う手紙にこっちも涙が。それだけでも家康は幸せ者だ」

   「風間君本人のコメントに、皆さんが知っている家康は天下を狙う大名になってから。狡猾で非情な面もある家康を後ろから追っての若い家康にはしませんと言っていた。おそらく染谷君の信長のように、新しい家康像を見せてくれると期待しています」

   「風間くんは日曜ドラマ『陸王』で誠実な銀行員役をされていましたが、顔の感じが善人なので、悪人の役はしづらそうですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中