2020年 10月 20日 (火)

プロ野球試合で感染リスクは?球審とキャッチャーちょっと危ない、最悪はベンチとロッカールーム

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   プロ野球・巨人の坂本勇人選手と大城卓三選手が、新型コロナウイルスに感染していることがきのう3日(2020年6月)に明らかになった。巨人は「ウイルスの遺伝子量が微量で、正常値ギリギリだった」として「微陽性にあたる」という聞きなれない用語で発表した。

   古市憲寿(社会学者)が「微陽性って専門用語なんですか」

   昭和大医学部の二木芳人・客員教授「いや、使わないですね。PCRの場合は陽性か陰性。判定に迷う場合は、擬陽性か判定保留と言います。今回は数値が低かったのでしょうが、陽性は陽性です」

坂本勇人が陽性の巨人の対戦相手・西武は検査せず

tv_20200604121250.jpg

   坂本と大城はおととい2日の西武との練習試合に先発メンバーとして出場しており、出塁した大城が一塁ベース上で西武の山川穂高と言葉を交わしたり、守備中の坂本が二塁にいた西武の森友哉と談笑したりする場面も見られた。

   山崎夕貴キャスター「西武の飯田本部長によりますと、『濃厚接触者は西武にはいないと聞いているので、(検査は)検討はしているが、現時点では予定していない』ということです」と、「スポーツ報知」の記事を紹介した。

   司会の小倉智昭「VTRを見ると、坂本が森と、大城が山川と会話をしていましたが、瞬間的な会話は濃厚接触ではないということです。ただ、西武側がPCRや抗体検査をやらないと言っているのには異議があります。対戦はしているのだから、やった方がいいと思いますよ」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中