2020年 7月 10日 (金)

沢尻エリカのあの「それが何か?」の時にも笑顔対応だった秀ちゃんの見事な司会進行

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   中山秀征君のことを今週も話そうと思います。いつも、「秀ちゃん」と呼んでいるので、ここでも「秀ちゃん」と言いたいと思います。

   秀ちゃんは、いろいろな番組の司会をしています。「DAISUKI!」は日本テレビ1991年から2000年まで深夜に放送されていたバラエティー番組です。松本明子、飯島直子、中山秀征のレギュラー陣が、さまざまなロケ地を探索し、何かを体験して楽しむ様子が人気でした。

   「ラジかるッ」は日本テレビ(関東ローカル)で、2005年から2009年まで、9時55分~11時25分に放送されていた生情報・バラエティー番組です。総合演出の尼崎昇君と良いコンビで、軽いおしゃべりと、"きれ"の良いギャグでさまざな話題を料理していました。

   印象に残っているのは、沢尻エリカが映画のPRで出演したときのことです。沢尻エリカの"乗り"が悪くて、秀ちゃんの質問に「それが何か?」と答え、一瞬、"しらけた"雰囲気が生放送のスタジオに漂いました。でも、秀ちゃんは慌てることなく、笑顔で対応して次に進みました。本当は"頭にきた"に違いないのですが、その場を明るく乗り切る本能的能力がそうさせたのでしょう。

日曜朝は秀ちゃんの「シューイチ」で元気をもらっています

   「ウチくる!?」はフジテレビで1999年から2018年まで、日曜の正午に放送されていたバラエティー番組で、ゲストの有名人の地元(ウチ)で待ち合わせし、ゲストの生まれ育った思い出深い街を練り歩く、オールロケ番組です。秀ちゃんの温かさとゲストの地元(ウチ)の良さが出ていました。

   「おもいッきりDON!」は2009年から2010年まで、日本テレビの昼の時間帯に生放送された本格的なワイドショー。秀ちゃんの司会の技量が、思う存分に発揮された番組でした。

   2011年から日本テレビの日曜の朝に生放送されているニュース・情報番組「シューイチ」は、秀ちゃんの代表作とも言えます。ニュースの客観性を重んじて、"引いて"、その中でさりげなく意見を言っています。

   どの番組にも共通して言えることは、秀ちゃんの温かさが溢れていて、明日も生きる元気がもらえるということです。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中