2020年 8月 9日 (日)

〈エール!〉(第53話6月10日水曜放送)
父の三郎は元気がない。弟の浩二は「お父さん、もう長ぐねぇんだ。胃がんだって」と裕一に打ち明けた

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   久しぶりに福島の実家に帰ってきた古山裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)。父の三郎(唐沢寿明)が、幼なじみの楠田史郎(大津尋葵)や元従業員の大河原隆彦(菅原大吉)など懐かしい仲間を招き宴会が始まる。

   皆が楽しく飲んでいるさなか、弟の古山浩二(佐久本宝)が役場の仕事から帰宅する。

   浩二「よく、へらへら帰ってこれるな」

   返事に困った裕一に代わって音が説明。

   音「裕一さん、福島市内の校歌作って。その完成披露会に招かれたんです。裕一さん、故郷に恩返しがしたいって」

   浩二「恩返しだったら親兄弟が先だろ。一曲売れたぐらいで大物作曲家かよ」

音が「裕一さん、故郷に恩返しがしたいの」と言うと...

tv_20200608102807.jpg

   浩二は相変わらず裕一に冷たい。宴会のあと母のまさ(菊池桃子)と音が台所で洗い物をしながら話す。まさは裕一が音楽家になることに反対していたが、今では音に感謝していると伝える。

   音「私のほうこそ感謝しています。お義母さんが手紙をくださったから、福島に帰ってこられました」

   まさ「どうがこれがらも裕一を支えてやってね」

   音は、三郎が宴会の間、胃が痛そうにしていたのを見たため心配する。まさは胃潰瘍で医者に行っているが、心配する必要はないという。それでも気になる裕一と音はしばらく福島に滞在ことにする。

   翌朝、裕一は封筒にお金を入れ、まさに渡そうとすると、そこに浩二がやってくる。

   浩二「そんなもん、受け取んなぐていいがらね」

   裕一「僕と音の滞在費だよ。余ったら父さんだぢにうまい酒でも飲ませでやって」

   裕一は、浩二が三郎の体調について隠していると感じて、本当のことを知りたいと浩二にせまる。

   浩二「父さん、もう長ぐねぇんだ。胃がんだって。もう手の施しようが...」

   裕一は呆然とする。

   浩二「父さんの前で、そんな顔絶対すンなよ。俺らだって、父さんの体に気遣いながら必死に隠しでだンだから。ばれだら、ただじゃおがねえがらな!」(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中