2020年 11月 25日 (水)

トランプ大統領もう支離滅裂!警察官に突き飛ばされ大けがした老人を「あれはわざと倒れてる」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アメリカ・ミネアポリスで起きた白人警察官による黒人殺害事件で、10日(2020年6月)に開かれた米下院公聴会に、被害者の弟が出席して、無念を証言した。「心がある人間なら、あんなことはしない。動物にだってしない。黒人の命は大切です」と涙ながらに訴えた。

   黒人としては初めて空軍制服組トップの参謀総長に起用されたチャールズ・ブラウン氏は、「黒人に対する認識が正しくないことを証明するため、2倍努力した」と自らの差別体験を語った。トランプ大統領はこれに「アメリカにとって歴史的な日だ。愛国者ブラウン将軍と仕事ができるのが楽しみだ」とツイートしたが、別のツイートでまた物議を醸した。

黒人差別が大統領支持につながるアメリカ

   抗議デモを規制する警察官の暴力行為は相変わらずで、ニューヨークの路上で警察官に突き飛ばされた女性が道路の端まで吹っ飛ばされたり、バファロー市で75歳の男性が重装備の警官に突き倒され、大怪我をする様が報道された。

   トランプ大統領はこれを「男性は押されるよりも強く倒れた。仕組まれたものではないか」とツイートした。被害者のやらせではないのかというのだ。ニューヨーク州のクオモ知事は「証拠もない。無責任で卑劣、下品な発言だ」と謝罪を求めた。

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「このツイートも、支持層には支持されるが、トランプさんも焦っているんでしょう。空軍のトップに黒人を据えたが、これも諸刃の剣で、黒人デモが起きて初めて登用しているということは、これからアメリカを変えるには、抗議デモをするしかないということ」という。

   すでに大統領も、国務長官も、統合参謀本部議長も、黒人が就いているアメリカなのに、それを認めたくない人も厳然としているということだ。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中