2020年 11月 27日 (金)

かまぼこが一番おいしいのは厚さ何ミリ?小田原かまぼこ老舗が300人試食実験

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新企画「みんなでシェア旅」ということで、中川安奈アナが「今はなかなか旅に行けないので、貴重な映像や情報を、地元を愛するみなさんからシェアしていただきました」と紹介した。

   小田原の老舗かまぼこ店の青戸佳予子さんがシェアしたのは、「かまぼこを最も美味しく食べられる厚さ」だ。「かまぼこは12ミリに切ることで、プリプリした食感を楽しめ、魚の風味も一番感じやすくなります」

   青戸さんのかまぼこ店では、9~18ミリの4種類の厚さのかまぼこをスタッフや客300人が試食して実験したのだ。噛みごたえがあり、飽きも来なかったかまぼこの厚さが12ミリだった。

保存は「板に付けたまま冷蔵庫

   中川アナ「かまぼこの保存方法にもポイントがあります。板に付けたまま冷蔵庫で保存するといいということです。青戸さんのかまぼこ店で使う板はもみの木でできていて、これがかまぼこの水分を吸ったり吐いたりして、一番いい水分量に調整してくれるそうです。冷凍してしまうとかまぼこの水分が凍り、独特の弾力がなくなってしまうので、板に付けたまま冷蔵庫で保存してください」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中