2021年 5月 15日 (土)

「M 愛すべき人がいて」礼香の眼帯の謎に猛非難「自分のミスの転落とはガッカリ」「両親のサイコパスぶりがエグイ」「マサ、パワハラ過ぎだよ!」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

4人組女性グループはマックスか、スピードか?

   礼香の不倫を応援していた両親に「異常な存在感」を称賛する声が。

   「礼香の両親も相当ヤバい。娘が既婚者と付き合っているって知っていて放ってたんかい。変な親、離婚してくれてありがとう。離婚してくれたんだってね?て、一家総出で圧かけてくるやん」

   「これはマサを逃がさねーぞって感じの両親の圧力が凄いな。礼香より怖い。サイコパス一家だよ」

   アユのデビューのライバルとなる4人組女性グループ「AXELS」(アクセルズ)についてもモデルが誰なのか、議論が沸騰した。

   「この4人組は誰?アクセルズの元ネタはいるのか?」

   「アクセル全開(マックス)ってこと? たぶんMAXだよね。MAXって1995年デビューだよ。松浦勝人のニックネーム『マックス松浦』からとった」

   「アクセル全開ならスピードかな? それかマックスだと思う」

   三浦翔平のパワハラが「度が過ぎる」との批判の声も。

   「マサさん、暴君化。やるのかやらないのか。ローランド風に言うな、っつーの」

   「マサ最低、ドンだけパワハラ。カメラマン、クビにして。これ放送大丈夫なの?」

   「マサ、礼香のサイコパス一家からの結婚プレッシャーで、当たり散らしているとしか見えない」

   「これ三浦翔平がやっているから見られるけど、現実はアノ人がこんなことをしていたんだよね。気色悪」

   一方、アユ役安斉かれんの相変わらずの「棒演技」には、初めて見る人から驚きの声が。

   「評判なので初めて観たんですが、何このドラマ? 安斉さん、歌下手すぎやしないですか。本業は歌手だと聞きましたが」

   「あまりにも芝居がひどくないですか?主人公はもちろんですが、周りの方も残念過ぎます。演出のせいなのか?台詞のせいなのか?コントの一歩手前に見えます。噂以上でびっくりしました」

   「役なのに、歌に迫力がない。大器の片鱗が見られない。さっきより(歌が)ずっと良くなったというシーンがあったが、ちっとも良くなっていなかった。歌の基礎がしっかりした女優さんに演じてほしかった。美人で可愛いけれど、10億円を投資する逸材には見えない」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中