2020年 11月 29日 (日)

「感染者の56%が無症状の人から感染する」米科学誌の研究が衝撃だ 日本はどうする?

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   新型コロナウイルスが世界各地で猛威をふるっている。米国では21州で新規感染者が増加、14州で7日間平均が過去最多となり、第2波が懸念されている。上智大学の前嶋和弘教授は「これまでは東海岸のニューヨーク、ニュージャージーが多かったが、他の場所での感染が増えている。それらはこれまであまり影響がなかった地域で、第2波か第1波かわからない」とコメント。

   中国北京市は2カ月間、新規感染者ゼロだったが、先週木曜日以降97人が感染。北京市は市内の6市場を閉鎖し、非常時を宣言した。白鴎大学の岡田晴恵教授は、「中国当局としては北京が最重要都市のため徹底的に検査をやる」と話している。

米国や中国では第2波が来ている

tv_20200615122652.jpg

   そんな中で、米科学誌「サイエンス」はホームページで、世界各地で集められたデータをもとに感染の広がり方を分析した研究論文を掲載した。論文によると、発症前の感染者が46%、発症後の感染者が38%、無症状の感染者が10%で、接触感染は6%だった。

   つまり、発症前の感染者(無症状)と無症状の感染者を併せて、56%が無症状。岡田教授は「歌舞伎町のホストも無症状だったが、感染のメインは症状がない人。発症する2日前からウイルスを外に出すため発症前の人を見つける事が大切」と力説する。

   俳優の石原良純「今でも熱が出ているのにPCR検査をしてもらえないことがある。検査のネットワークを作ってほしい」

   弁護士の山口真由「驚きだったのは、症状のない方からの感染が56%だったこと。感染源を特定しやすくするためのアプリが発表されるが、国民の多くが参加しないと意味がない。プライバシーに配慮して実行してほしい」

   テレビ朝日コメンテーターの玉川徹「感染しているかわからない、症状のない感染者をどう見つけるかにかかっている。経済か、感染抑止かと言われるが、第3の道はある。それは中国がやっている大規模検査です。中国は武漢で1000万人全員にPCR検査をしていますので、不可能ではない」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中