2020年 8月 9日 (日)

「久しぶりに友達とごはん」が危ない!普通のお店で会食感染が急増

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   きのう16日(2020年6月)の東京都の新型コロナウイルスの新たな感染者は27人だった。14日、15日の40人台に比べると減ったが、6日連続で20人を超えた。27人のうち、20~30代が21人で約8割を占めた。「いま増えているのが、友人らとの会食で感染したとみられる人のことです」と司会の羽鳥慎一が取り上げた。

   会食で感染したとみられるのは、おとといは48人中13人、きのうは27人中3人だった。東京都の担当者は「新宿エリアが多いです。特定のお店でクラスターが発生しているわけではなく、お店の形態はバーであったり、居酒屋であったりいろいろです」と話す。

あさって19日の休業全面解除が怖い

tv_20200617131101.jpg

   羽鳥「いままでよく言われていた夜の街とは別の普通のお店で、一般の人のご飯会でも感染が増えています」

   白鴎大学の岡田晴恵教授「(休業要請が全面解除される)19日(2020年6月)から、そういう機会が増えるんじゃないでしょうか。私もいっぱい誘われているんですが、いかがなものかと思っています」

   インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長は「こういう会食でもうつってしまうということが分かりましたので、それぞれの店が具体的に対策をしなといけませんね」と説明する。

   羽鳥「みんなで外で飲んだり食べたりするのは楽しいですが」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「(会食感染の)大皿料理で取り箸があったのか、なかったのか。もっと状況の情報が欲しいですね。どうやったら感染するのか、しないのか。どういうお店に行けば大丈夫なのか、分かってきますよね」

   解除されても、ウイルスはあちこちにうようよしてるということだ。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中