2021年 12月 2日 (木)

「M 愛すべき人がいて」CD自社買い、枕営業...芸能界の闇に猛批判「あゆのデビューが醜すぎる!」ドラマのモデルは鈴木あみ、もー娘。、林檎、宇多田ヒカルのごった煮か?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

あゆ、鈴木あみ、もー娘。、林檎、宇多田ヒカルはデビュー年が同じ

   一方、デビュー当時に売り上げを争った歌い手や、アユをいじめる4人組の女性グループのモデルが誰なのかにも大いに関心が集まった。

    「当時、デービュー年が同じ鈴木あみとモーニング娘。が熾烈な販売競争していた記憶がありますが、あゆのライバルといえば、同じ年にデビューした宇多田ヒカルとか椎名林檎だったと思う。ドラマは、鈴木あみとモーニング娘。の確執を再現しているのかな」

   「確かに、鈴木あみか!私も浜崎あゆみと同じ1998年デビューの鈴木あみ、宇多田ヒカルに夢中だった」

「ドラマの中で林檎の『ここでキスして。』が流れていた。林檎デビューは98年。『ここキス』は99年発売だよ。いろいろな歌い手の実話を入れているのかもね」

   「アユのファーストシングルって10位にもいってなかったんだね。売れてもずっと1位ではなかった。あの時代ってほんとみんな強かったもんね」

   「シングル初のオリコン1位はLove~Destiny~。デビューからちょうど1年経ったくらい シングル初のミリオンはBOYS&GIRLS」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中