2020年 11月 24日 (火)

<エール!>(第63話・6月24日水曜放送)
裕一の幼なじみ佐藤久志と音の先生、御手洗清太郎が新人歌手オーデションで激突!2人にとって最後のチャンスだ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   音楽学校を優秀な成績で卒業したものの、鳴かず飛ばずで、歌手デビューもできない佐藤久志(山崎育三郎)は、幼なじみの古山裕一(窪田正孝)にすすめられて、コロンブスレコードの専属新人歌手募集のオーディションに応募することにして、大いに張り切っている。裕一も作曲そっちのけで、おせっかいを焼いていた。

   コロンブスレコードのオフィスで、佐藤が履歴書を提出していると、ディレクターの廿日市誉(古田新太)が現れた。裕一はさっそく佐藤を紹介した。「友人の佐藤久志です。声楽科出身の有望人材です。ぜひ、よろしくお願いいいたします」

   でも、こんな時の廿日市冷たい。「落ちても恨みっこなしだよ」

「スター御手洗です」「プリンス佐藤と呼ばれています」

tv_20200619143100.jpg

   そのころ、古山音(二階堂ふみ)が自宅隣の喫茶「バンブー」にいると、少女時代の声楽の先生、御手洗清太郎(古川雄大)が突然は現れた。音がびっくりしていると、「コロンブスレコードのオーディションを受けにきたの。スター御手洗と呼んでちょうだい」なんて言う。

   音「でも、どうして今ごろになって?」

   御手洗「私、最後のチャンスにかけてみたいの。それで戦略を練るために、裕一さんとお話したいの」

   偶然にも、そこへ裕一と佐藤がやってきた。御手洗と佐藤はお互いに値踏みするような視線を交わし、挨拶する。「どうも、スター御手洗です」「プリンス佐藤と呼ばれています」

   2人は早くもライバル意識をむき出しだ。裕一と音は、そんな2人を複雑な思いで見守る。オーディションには800通もの応募があり、佐藤と御手洗は書類選考を通過した。

(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中