2020年 11月 29日 (日)

〈BG~身辺警護人~/第2話〉(テレビ朝日系6月25日木曜放送)自殺願望の強い全盲の天才ピアニストの警護を引き受けるが、敵は四方八方にいた

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   クライアントは政財界のVIPに限定するとの経営方針に反発して警備会社KICKSガードを辞め、私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追い、元自衛隊員のボディーガード・高梨雅也(斎藤工)までが島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入社する。

   その矢先、KICKSガード身辺警護課のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)が島崎のもとに、「全盲の天才ピアニスト」「クラシック界のシンデレラ」ともてはやされる守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護という大仕事を持ち込んできた。 恵麻の警護を請け負ったKICKSガードでは、沢口と班長に抜擢されたばかりの菅沼まゆ(菜々緒)が担当したが、突如、警護を降りることになった。

  • 「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日の番組ホームページより)

「盲目を武器にしたくない」という恵麻に秘密がありそうだ

   警護を依頼してきた恵麻の実姉で所属事務所の代表取締役・守尾美和(谷村美月)によると、恵麻は悲願だった国際コンクールへの出場権をつかんでから情緒不安定になり、ことあるごとに自殺行為に走るようになった。KICKSガードは「クライアント自身が敵」という厄介な案件から手を引いたのだ。しかし、島崎は「敵から護ることには変わりない」と、高梨とともに恵麻の警護に乗り出す。

   肝心の恵麻は「こんなわがままな女を守るなんて面倒くさいと思っている」と、島崎や高梨に心を開こうとしない。「目が見えないことを武器にしたくない」という彼女には、何やら秘密がありそうだ。だが、島崎は「どんな時もボディーガードとして行動します」と、恵麻を守り通すことを誓う。

   やがて、島崎たちは恵麻を自殺行為から守るだけでは済まなくなった。何者かにパチンコで襲撃されたり、階段から転げ落ちそうになったりと、実際に恵麻が命を狙われる事件が発生したのだ。また島崎の後をずっと付け回す怪しい男もいる。

   そんな四方八方が敵だらけの中、島崎は恵麻の命を守るために驚きの非常手段に打って出た...。(よる9時放送)

   寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中