2021年 5月 17日 (月)

時速146キロで激突して4人死亡「危険運転じゃなかった」って...甘すぎる判決に納得できん

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

罰則重い危険運転致死傷適用に高いハードル

   交通問題に詳しい高山俊吉弁護士は「法解釈としては理解できるが、法定速度を大幅に超えた146キロ走行で『事故を予見できない』という判決には疑問を感じます。危険運転致死傷の適用はハードルが高いんです。過失運転致死傷罪の刑を重くするなど法改正が必要です」といっている。

   司会の羽鳥慎一「改めて危険運転致死傷罪のハードルが高いということが分かりました」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「146キロで事故が予見できないという法律は、いったい何だろうなと多くの人が感じると思います。遺族や世論、メディアが議論していくことが大切だと思いました」

   羽鳥「危険運転致死傷の適用については前から問題になっています。改めて考える必要があると思いました」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中