2020年 11月 25日 (水)

渡部建 セックス狂い暴露の「週刊文春」で謝罪告白「復帰できるとは思っていない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   多目的トイレのセックスを「週刊文春」にすっぱ抜かれたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が、その「週刊文春」編集部を訪れ、一部始終を話したという。きょう25日(2020年6月)発売の「週刊文春」(7月2日号)に掲載されている。

   先週16日、渡部は黒のスーツ姿で「週刊文春」を発行する文藝春秋ビルを訪れた。ハンドタオルを手に、時折、声を詰まらせながら、90分間にわたってインタビューを受け、妻でタレントの佐々木希(32)との夫婦関係や相方の児島一哉(47)への思いを語った。

   「週刊文春」の記事によると、相手の女性については「デートクラブのように安全に遊べる子たちというふうに認識していました」「気持ちのないまま接していた」などと話し、「僕は今でも妻を愛しています」と話している。「自分の描いたビジョン通りに物事が運び、慢心を生んでしまった。そういった慢心が私生活の部分にも出てしまった」「児島を見下していたと取られてもしょうがない」と語り、今後については「復帰できるとも思っていないし、そんなことを考える余裕もない」という。

所属事務所は「会見の予定なし」

tv_20200625115006.jpg

   所属事務所は週刊文春の取材に対し、「記者会見を開く予定はない」としている。街では「みんな出てきているのに、一人だけ出てこないとよくない」「本人がテレビの前で皆さんに説明すべき」という声が多い。

   サンケイスポーツの山下伸基編集委員も「自分からしゃべり、不快に思わせたことに対して謝罪するというのは避けて通れない。そうでないと復帰はできないと思います」と話している。

   司会の小倉智昭「普通であれば、『週刊文春』にすっぱ抜かれて、その週刊誌に独白するというのは考えられないですけどね。『週刊文春』がほかにもいろいろ握っていて、それをおさえるために独白した方が得かなと思ったのかな」

   古市憲寿(社会学者)「謝罪会見というものは成功した試しがない。そもそも、僕たち社会は渡部さんからダメージを受けたわけじゃないので、社会に対して謝罪する必要はないと思います」

   そう、渡部がまず謝る相手は、1万円でセックスの相手をさせていた女性たちだろう。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中