2020年 11月 29日 (日)

昼カラと会社でクラスター発生!ウイルスまだウヨウヨ...ランチも会議も危ない

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   新型コロナの感染者がふたたび急増し始めている。とくに、2つのクラスターがあった。北海道・小樽の昼カラオケでは60代、70代の9人、東京の人材派遣会社ではおととい23日(2020年6月)までの7人と合わせ計16人。

   司会の加藤浩次「やっぱりクラスターが起きてしまう。(原因は)まあ、大丈夫だろうというやつ」

   近藤春菜キャスター「もうウイルスはいないという感覚の人もいるかも」

   解説の日本感染症学会の指導医、水野泰孝医師は、「感染経路不明がじわりと増えているのが気になります」という。3月下旬から4月の半ばにかけて、夜の街で一気に増えた時と似ているという。

危険度は夜の街と同じ

tv_20200625124432.jpg

   加藤「夜の街ではマスクを外していた。カラオケでも同じような状況ではないでしょうか」

   水野医師「ウイルスはなくなりません。夜だけでなく、昼のランチ、マスクなしの会議も同じことです。会議も少人数にするとか、会食や飲み会はまだ1週間くらい控えた方がいい」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「何かをするときに、そろそろいいかな、してもいいかなと自問自答することが必要だと思います」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「東京のクラスターは人材派遣会社で、個人情報を扱うために、テレワークでなく職場へ行かないといけない。普通以上に注意が必要だったんですよね。いまさらですが、手洗いを徹底するとか、基本に戻るしかない」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中