2020年 11月 29日 (日)

女子アイドル使って「美術館」盛り上げって...読売新聞キャンペーンに違和感大あり!発想が古すぎ

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   「美術館女子」と銘打って、地域に根ざす美術館を盛り上げようという読売新聞の企画が物議をかもしている。美術に興味のなかった人気女性アイドルグループのメンバーが、各地の美術館を訪れるというもので、美術作品などをバックにした写真を掲載しているのだが、ネットなどでは「女性蔑視」と批判の声が相次いでいる。

   朝日新聞もおととい23日(2020年6月)、「名前も企画も...『美術館女子』に透ける意識」と問題視する記事を掲載した。

   読売新聞オンラインに掲載されている写真は、美術館の建物や美術的価値の高い作品の前で、アイドルがポーズをとるという構図だ。これに対し、SNS上で「女子かどうかはほっといてほしい」「美術にかかわる女性にも鑑賞に訪れる女性客にも失礼」などと批判が起きた。

   「とくダネ!」が男女200人にアンケート調査したところ、女性の6割以上と男性の5割弱が、「美術館女子」という言葉に「違和感がある」と回答した。国内外にアート情報を発信している「Tokyo Art Beat」の野路千晶編集長は、「ジェンダーに対する意識の低さ、蔑視的な表象、美術作品を"映え"という一元的な観点から見ているという3点が問題です」と指摘する。

深澤真紀さん「美術館女子っておじさんの視点」

tv_20200625130119.jpg

   「草食男子」や「肉食女子」という言葉を生み出したコラムニストの深澤真紀さんは、「美術館女子」について「おじさんの視点なんですよね。美術館にいる女子を鑑賞しているおじさんが名付けたのだろうなという気がします。男子・女子に何かを言い分けるのはもう古いかなと思います」と話す。

   読売新聞グループと美術館連絡協議会は、「アート作品だけでなく、建物を含めた美術館の多様な楽しみ方を提示し、多くの方に美術館へ足を運ぶきっかけにしていただきたいと考えました。今後のことは改めて検討する方針です」と説明している。

   古市憲寿(社会学者)「○○女子が全部ダメだとは思わないけど、今回は美術館に行く女の子は、作品には興味ないでしょという偏見が混じっている気がして、新聞社がやるには問題があったと思います」

   中江有里(俳優)「美術館女子という名前ありき。このムーブメントを作り出した側の考えが、透けてみえることへの反発があるんじゃないかなと思います。もうその方法は古いなと思いますね」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中