2020年 11月 24日 (火)

新型コロナ退院しても戻らない体調!微熱、頭痛、関節痛...原因は感染したトラウマ?

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   新型コロナウイルス感染は、回復して退院しても、微熱、頭痛、関節痛など体調不良が続くようだ。4月(2020年)に感染した大学生(21)は、今も37度7分と体温が高めだ。頭痛も続いている。「インフルエンザの10倍のつらさ」という。肋骨を骨折したくらいの激痛。手のひらには湿疹。その症状は変わらないのに、PCR検査で2度陰性になったため、退院になった。医師は「免疫力が全体に落ちています。入院による心因性の影響もあるかもしれない」という。

臓器障害、体力低下、心理的社会的ストレス

   フランスの病院が行った感染者400人の追跡調査で、10~15%が2か月以上も続く体調不良に苦しんでいた。症状は咳、頭痛、胸の痛み、重度の疲労感、息苦しさなど多岐にわたる。

   沖縄県立中部病院の高山義浩医師は「回復した患者の2割くらいは、何らかの症状が数週間続く」という。原因は臓器障害、年配者に多い入院による体力低下、心理的社会的ストレスなどだ。

   ※NHKクローズアップ現代+(2020年6月24日「新型コロナ 元感染者たちの告白」)

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中