2020年 10月 24日 (土)

もうすぐ都知事選の投票日だが、興味ない若者多すぎ!立川志らくは「香港の若者を見ろ!」と怒りまくる

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「5日(2020年7月)の日曜が何の日か」を都内で聞くと、東京都知事選挙の投票日だと答える若者は少なかった。「なんだろう、わからない」「七夕の2日前?」と多くが考え込むだけ。前回2016年の都知事選では全体投票率59・6%に対して20代は37・6%、前々回2014年は46・1%に27・9%だった。

   渋谷で聞いた20代は「政治改革といっても老人向けなので、べつに(投票に)行かなくてもいいかなみたいな」「結果は毎回、おんなじ感じがする」、新宿にいた30代は「若者に興味を感じさせる政治家がいません」としらけた反応。「選挙は地位や名誉の取り合いに感じてしまう」という若者もいた。

tv_20200702110148.jpg

若者たち「興味を感じさせる政治家がいません」

   これに、キャスターの立川志らくは「政治に興味を持たせてと若者は言うが、政治に興味を持つことが大人への第一歩なんだよ。誰がやっても変わらないなんてことはない。そう思うのは勉強していないからで、甘えている、かっこつけているだけだ」

   ゲストのロンブー淳(お笑い芸人)も「政治に関心を持たせる政治家なんて、そもそもいない。自分から知りにいかないと、アクションとしておかしい」

   志らく「こういう若者がいるのは、平和なんだよ。香港を見てごらん。動かなければ国が亡ぶと若者が動いている」

   志らくや淳より若い司会の国山ハセン「投票には行きますけど、正直、一票の重さが実感できているかというと疑問符がついていますね」

   キャスターの若林有子「私も友だちと選挙の話すらほとんどしません。コロナを経験して政治と生活がつながる感覚はわいてきました」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中