2020年 11月 30日 (月)

神奈川県の新型コロナ検査「スマートアンプ法」が素晴らしい!もっと早く始めてほしかった

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「神奈川県が新型コロナウイルスの検査体制を『スマートアンプ法』という方法で拡充していこうというものです」と司会の羽鳥慎一が紹介した。

   少し簡略だったが、特徴は最短10分で結果が判明することだ。件数も1日で1万2000件可能。さらに神奈川県はこれを医療機関に100セット支給し、購入費用は全額補助するという。

   これによって、検査を医療機関中心へと移行し、症状のある人、感染に不安がある人は医療機関が検査する。濃厚接触者の特定やクラスター対策は保健所が担当する。検査のすみ分けによって、保健所が感染拡大防止業務に集中できるというわけだ。

岡田晴恵教授「自己負担の窓口を開いたことも大事」

tv_20200707130324.jpg

   県の担当者は、「検査体制を医療機関に置くことを目指すべきで、不安がある人は検査を受けられるという流れをつくる。これで第2波に向けて幅広く検査を受けられるようにしたい」といっている。

   症状がない人はいま原則「PCR検査」を受けられないが、「神奈川モデル」では医師の判断があれば検査可能だ。ただし、検査は自由診療で費用は自己負担という。

   白鴎大学の岡田晴恵教授は「病院でやれるというのは素晴らしいと思います。自己負担でやれるという窓口を開いたことも大事だと思います」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「これをどんどん進めていくことが大事ですね。お金がない人は行政がやるしかないが、それだけでは安心できないという人は自費でやればいいと思います」

   青木理(ジャーナリスト)「僕なんか素人は、こんないいものをなんで今頃出してきたんだ、もっと早く出してよかったのにと思ってしまう。僕は自己負担でもいきますよ。自分が感染源になることは避けたいでしょう。そういうビジネスマンいっぱいいると思いますよ」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中