2020年 8月 12日 (水)

多部未華子「私の家政夫ナギサさん」にネット称賛の声!「ナギサさんは精霊なのか?」 「私もオジサン家政夫ほしい」「ストレスを抱えるバリキャリ女子は癒される」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   多部未華子主演のTBS系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」()の第1話が7日(2020年7月)放送されたが、平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好スタートとなった。

  • ナギサさんにブラジャーをたたまれて取り返すメイ(TBSの番組ホームページより)
    ナギサさんにブラジャーをたたまれて取り返すメイ(TBSの番組ホームページより)
  • ナギサさんにブラジャーをたたまれて取り返すメイ(TBSの番組ホームページより)

28歳の誕生日の夜にやってきた50歳のスーパー家政夫

   四ツ原フリコさんの同名ウェブマンガが原作で、28歳の独身女性がオジサン家政夫を雇うことから始まるハートフルラブコメディー。ネット上でも「ナギサさんに癒される」「仕事のストレスを抱えている人は見たほうがいい」と称賛の声があふれている。

   物語は――。製薬会社のMR(医療情報担当者)の相原メイ(多部未華子)は、アラサー独身のバリキャリア。「仕事ができる女性になり、もっと上を目指しなさい!」と尻を叩く母親の美登里(草刈民代)の期待を一身に背負い、営業成績は常にトップ。しかし家事は全くできず、自宅マンションはゴミ屋敷寸前の荒れ放題だ。メイが28歳の誕生日の夜、自宅に帰ると、突然見知らぬオジサンが現れて「お帰りなさい、メイさん」と出迎えた。

   家事代行サービス会社で働くメイの妹・福田唯(趣里)が送り込んだ同じ会社の50歳のスーパー家政夫・鴫野(しぎの)ナギサ(大森南朋)だった。「オジサンが家にいるなんて絶対イヤ!」と拒否するメイだったが、「どんなに凄まじい状態のお部屋もピカピカにします」というナギサを雇うことに。

   一方、仕事でも大波乱が。外資系製薬の超優秀なMR・田所優太(瀬戸康史)が、メイと同じ営業エリアに異動してきた。田所は営業先の医師たちの信頼を次々と獲得。メイは田所にライバル心をむき出しにするが、田所は「情報交換をしましょう」と爽やかにメイに接近、何と同じマンションに住んでいることがわかって...という展開だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中