2020年 12月 5日 (土)

「M 愛すべき人がいて」のモデル、エイベックス松浦勝人の壮大なPRドキュメント。局も舐められたものである
<アナザースカイⅡ>(日本テレビ系)

   最近まで続いていた他局の連続ドラマ、『M 愛すべき人がいて』の主人公・マサは、エイベックスの創業者にして現在も経営者の1人、松浦勝人がモデルである。この彼と、彼が発掘した浜崎あゆみの恋物語であるが、この松浦勝人のハワイの豪邸が舞台であった。筆者はまともな大人が起きてテレビを見る時間帯の作品しか取り上げてこなかったので、当番組を見るのは初めてである。

   如何にも業界人という茶髪の松浦は、『M』で描かれたような傲慢男とは似て非なる、喋り好きで割に礼儀正しい普通の男である。過去には貧乏も体験したと言いながら、ハリウッドスターが住みそうな超豪華な別荘で、仲間を連れて新作の音楽造りのミーティングをやっている。CDショップの店員もやっていたので 流行り物には詳しいらしく、盛んに発言する。壮大な30分もの宣伝PR番組だ。

   ジャニーズ事務所のボスが亡くなった時、本来、黒子であるはずのマネジャーがメディアの前に出てきて、本人の成功物語として報道されまくっていたが、Bizドラマでもあるまいし、筆者には疑問である。ボスの成功物語を描かせることによって、あわよくば所属タレントも纏めて売り込む魂胆なのか、あるいは、金を使わないで丸ごとPRに役立てるためか。テレビ局も舐められたものである。年齢的にアナログとデジタルの両方を知っている自分は強いという風なことを言っていたが、確かにこれは言えている。(放送2020年7月10日23時~)

   (黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中