2020年 9月 25日 (金)

「迷惑ユーチューバー」逮捕!スーパーでレジ支払い前に刺身食う動画投稿

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   愛知県岡崎市のスーパーでレジで支払い前に刺身を食べたとして、ユーチューバーの原田将太容疑者(29)が窃盗の疑いで逮捕された。原田はたびたびこうした動画を投稿し、ネット上では「迷惑系ユーチューバー」と呼ばれていた。

   動画によると、先月末(2020年6月)、スーパーの店内で刺身の入ったパックを開けて、手づかみで中身を全部食べた。笑いながらレジに行き、「腹減ったので食べちゃいました」。自動精算機でお金を出したが、会計前だったため、窃盗罪に当たるとして、11日(2020年7月)に逮捕された。

   原田は「間違いありません」と認めている。警察は「炎上する動画で目立ちたかった可能性がある。犯罪行為で再生回数を稼ごうという動きは見過ごせない」と動画の撮影者にも事情を聴く方針だ。

削除されても有名になれば金が稼げる

tv_20200715113127.jpg

   ITジャーナリストの三上洋氏は「再生回数を増やすため、犯罪スレスレの動画を投稿する人が後を絶たないんです」と指摘する。しかし、こうした迷惑動画は、再生回数が増えても広告収入を得ることはできないという。「原田容疑者のアカウントは9回も削除され、今回の犯行動画も削除済みなので収入を得ていないはず」と話す。

   それでも迷惑動画を投稿するのは、再生回数を増やして有名になり、別の形でいずれは利益につながるとみていたようだ。

   司会の羽鳥慎一「迷惑ではなく、犯罪になりました」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「こういった人たちは、犯罪に対する意識が甘いんですよね。この人たちを支持しないことも重要です」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「現実社会で承認されない部分を、こういうバカバカしい部分で承認されていると勘違いしているとすれば、ただの愚か者ですね」

   羽鳥「これは犯罪ですよ、ということを伝えなければいけませね」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中