2020年 8月 9日 (日)

「所在不明のコロナ陽性者」政府は東京にゴロゴロ、小池知事は一人だけ...どっちが本当?また情報バラバラ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都内で新型コロナウイルス感染が確認されたあと、所在不明になっている人が複数人いるとして、政府が東京都に調査を求めた件で、小池百合子知事は「連絡が取れなくなったのは1人。何百人も連絡が取れないというのは大きな誤りです」と説明した。

   しかし、「スッキリ」の取材では、これまでにも所在不明になった感染者がいたことが分かった。大田区の担当者は「電話に出てもらえなかったり、2度目から出てもらえなくなったりすることがある。若者が多い印象です」と話す。陽性者から「症状が軽くなっているから連絡してこないでほしい」などと言われるケースもあり、担当者は「対応が面倒くさいと思われているのかも知れません」と言う。

   池袋のホストクラブで働く男性は「1週間何もできなくなったり、病院にずっといることになるのが苦痛だから、電話に出ないのではないか。仕事もできなくなってしまいますから。(その気持ちは)分かります」と話す。男性が働く店では従業員55人が集団検査を受け、28人が陽性だったが、無症状だったが全員が電話連絡に応じていたと言う。

専門医は「電話でなくても、その日のうちに連絡がつくことがほとんど」

tv_20200715120352.jpg

   日本感染症学会専門医の佐藤昭裕医師は「連絡取れない人がいるという話は聞かない」と話す。「具合が悪くて寝ていて、4~5時間連絡取れないというのは良くありますが、その日のうちに連絡がつくことがほとんど。それは所在不明とは言いません」

   近藤サト(フリーアナウンサー)「1人というわずかな数字なのに、政府が出てきて、都知事が出てきて、責任転嫁みたいな話になってしまう。東京の人はろくでもないと、東京の社会的信用がなくなるのが怖いです。感染した人への差別や偏見につながる可能性もあります」

   司会の加藤浩次「差別が起きて、自分の社会的地位が守れなくなると、それこそ連絡が取れなくなってしまう人が増えてしまいそうです」

   宮崎哲弥(評論家)「もっと言うと、具合が悪くても、検査を受けない人も出てくることになりかねません。政府と都と報道の見解がバラバラで出てくるのが問題。情報を一元化して、きちんと出しておけば、間違った情報は流れないはずです」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中