2020年 12月 1日 (火)

トランプ大統領の身内が暴露本!「彼はいかさま師よ」大統領選には影響なし?支持者はもともと活字読まない人たち

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルス対策で今頃マスクをつけ始めるなど迷走が際立つアメリカのトランプ大統領が、いよいよピンチだ。3カ月半後に大統領選を控えているが、これまで共和党の強力な地盤であったテキサス州の最新の世論調査で、民主党のバイデン前副大統領の支持率がトランプを5ポイント上回ったほか、前回選挙でトランプが勝利したアリゾナ州とフロリダ州でも接戦となっている。そんななか、追い打ちをかけているのが、身内による暴露本の出版だ。

   トランプの姪で、臨床心理士のメアリー・トランプさんが出版したもので、本を取り上げたアメリカの新聞記事で、メアリーさんは「おじのドナルド? 彼はいかさま師で、世界で最も危険な男」「彼が再選されれば、アメリカの民主主義は終わりだ」などと語っている。トランプが大学入学で替え玉受験をしたことや、「反社会性パーソナリティー障害の兆候を指摘されていた」などと"暴露"されている。

前回選挙も不利の予想逆転

tv_20200715123913.jpg

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「きのう、電子版を読みましたが、逆にトランプ大統領に対して同情したくなるぐらいの内容でした。でも、トランプ大統領の支持者はあまり本を読まないので、選挙への影響はないかもしれません」

   司会の小倉智昭「前回の選挙でも、トランプ不利と言われていながら勝ったので、まだどうなるかわかりませんね」

   古市憲寿(社会学者)「もともと好感度の高い人ではないので、今さら暴露本を出されてもそれほどダメージはないのでは」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中