2020年 8月 13日 (木)

「ぶたあえ」なのに豚肉なし!旬のゆでだこで作る熊本・天草の郷土料理

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   「みんな!ゴハンだよ」コーナーで、料理研究家の渡辺あきこさんが、旬のたこをつかった熊本・天草地方の郷土料理「ぶたあえ」を紹介した。

   渡辺さん「2年前に天草に行った時に地元の主婦の方に教わりました。豚は入っていないんです。もともと豚を使った料理が中国か沖縄あたりから天草に入ってきて、当時豚があまりなかったので、よくとれるたこで作ったという料理です」

天草で教わったやり方は「なすに砂糖をまぶす」

   ゆでだこ(80グラム)は5ミリ厚さのそぎ切りにする。「たこは火を通すと縮んで固くなっちゃいます。なるべく広めに薄く切っておくと柔らかく食べられます」(渡辺さん)

   ピーマン(2個)はヘタと種を取り2~3センチ四方に切る。なす(1個)はヘタを取って皮を縦に数か所むき、縦半分に切ってから1センチ幅の斜め切りにする。水に1~2分間つけて水けを切ったら、砂糖(小さじ1)をまぶして5分間おき、水けを拭き取る。

   渡辺さん「天草で教わったちょっと変わったやり方なんですが、砂糖をまぶすとなすが柔らかくなって早く火が通ります。炒めた時に砂糖の香ばしい香りが付いておいしくなります」

   フライパンにサラダ油(大さじ1と3分の1)を熱し、中火でなすとピーマンを炒める。油がなじんだら水(大さじ1)をふりかけ、ふたをして弱火で3~4分間蒸し焼きにする。

   ふたを開け、みそ(大さじ2)、砂糖(大さじ1と2分の1)、酒(大さじ1)を混ぜ合わせたものとたこを加え、中火で軽く汁けを飛ばすように炒めたら完成だ。

   渡辺さん「出来たてでもおいしいんですが、冷蔵庫で冷やしてから食べてもおいしいです。味もしっかりついているのでお弁当にもいいです」

   駒村多恵キャスター「たことみそを合わせて火を通すってあまりなかったと思うんですが、みそとの相性が本当によくて、ご飯が進みます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中