2020年 11月 30日 (月)

あなたは大丈夫?コロナ禍で便秘の人が激増―救世主は長いも!「生・角切り」ですりおろすと減っちゃうよ

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   中川安奈アナが「新型コロナウイルスによるストレスや生活環境の変化で、多くの人に"うんち"の異変が起きているんです」と取り上げた。

   腸内環境の悪化によって、便秘気味の人が増えているという。たかが便秘と放置すると、肌荒れや慢性的な疲労感、イライラ、さらにはがんにつながるおそれもある。

   便秘の救世主が「レジスタントスターチ」というでんぷんだ。便を柔らかくする水溶性食物繊維、便のかさを増す不溶性食物繊維の2役を兼ね備え、「第3の食物繊維」と呼ばれている。

   中川アナ「でんぷんの多くは小腸で消化吸収されるんですが、レジスタントスターチは消化されにくく、そのまま大腸に届いて食物繊維と同じような働きをしてくれるんです」。レジスタントスターチにはダイエット効果も期待できるという。

   名古屋女子大学短期大学部特任教授の早川享志さん「マウスを使った実験では、レジスタントスターチが『酪酸』という脂肪の蓄積を抑える物質を増やし、体重が減ることが確認されています」

食べすぎには要注意!糖質の摂りすぎで太る恐れも

   レジスタントスターチは炭水化物に多く含まれるが、中でも圧倒的なのが「長いも」だ。100グラムあたりだと、ご飯が0.1グラム、食パンが0.7グラム、さつまいもが1.1グラムなのに対し、長いもには5.8グラム含まれる。

   最も効率的にレジスタントスターチを摂取するなら、長いもを「生で」「角切りにして」食べるとよい。宮城教育大学の実験では、長いもをゆでて加熱すると、レジスタントスターチが100グラムあたり0.8グラムにまで減少してしまった。

   「角切り」については、管理栄養士の藤橋ひとみさんが「これまでの研究データを見ると、切ったままと比べて、すりおろすとレジスタントスターチが約3分の2に減ってしまうことがわかっています」と解説した。

   ただし、便秘やダイエットに効くからといって食べすぎると、レジスタントスターチと一緒に糖質も摂ることになるので、かえって太ってしまうおそれもある。早川さんによると「長いもなら1日100グラムくらい」が適量とのこと。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中