2020年 8月 11日 (火)

岩手でついに新型コロナ感染者!関東地方のキャンプ場に出かけて友人らとテントで寝泊まり

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   全国でコロナウイルス新規感染者数が1200人を超えたきのう29日(2020年7月)、これまで感染者がいなかった岩手県でも初めて2人のPCR検査陽性者が出た。盛岡市の40代男性は22日(2020年7月)から26日まで県外の友人3人と関東方面のキャンプ場へ車で行き、同じテントで寝泊まりしたという。友人1人の感染を知って検査を受け、感染がわかった。熱はないが、のどに違和感があり入院中だ。

   感染者発生を聞いた市民は、「怖いですね」「あすは我が身の感じ」と話す。県内マルチタレントのふじポンさんは「もう一度気を引き締めなければ」、花巻市の温泉支配人は「Go Toキャンペーンが始まったが、ちょっと旅行を控えようのムードが強まるのが心配」という。達増拓也知事は「Go Toキャンペーンをどう運用したらいいか、国に判断が求められる」と語った。

全国の新規感染者1200人超!もうどこででもうつる

tv_20200730112928.jpg

   キャスターの立川志らく「関東に行くことはどうなのかという印象が、日本中に広まるかもなあ」

   日本医科大学の北村義浩特任教授は「人の流れが増えたのが大事な点で、車なら、屋外のキャンプなら、安全と思ったのでしょう。途中のパーキングエリアで人と接触するし、同じテントに泊まれば気をつけていてもうつります」

   中島健太(画家)「あらゆる対策をしても、(どこででも)感染しかねない状況になっていますよね」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中