2020年 11月 30日 (月)

鍵穴に接着剤、玄関にネズミ死骸......近所迷惑男をソッコーで逮捕!警視庁・葛西署「初動捜査班」お手柄

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   28日深夜2時過ぎ(2020年7月)東京・江戸川区の住宅街で、隣人に10年以上迷惑行為を続けていた男が現行犯逮捕された。その一部始終を防犯カメラがとらえていた。56歳のその男は覆面をかぶり、住宅の入り口から玄関に向かう。何かを玄関前に置いて去るところを、3人の警察官が取り囲み、「警察だ。何をやっている。住居侵入の現行犯で逮捕する」と男を拘束した。玄関に置かれていたのは、腐敗したネズミの死骸だった。

   被害者宅の男性は「怒りと恐怖、それに気持ち悪さ」に悩まされていたという。迷惑行為は10年前から続いており、「いたずら電話、ピンポンダッシュなどからだんだんエスカレートして、今月は1カ月で5回の迷惑行為をされた」と話す。ドアのカギ穴に接着剤を塗り込み、玄関先の花壇を掘り起こされたりしていたという。

   迷惑行為を始めたきっかけは、被害宅の父親に「家を覗いていた」と言いがかりをつけ始めてからだという。その後、被害者の父親は自転車を停められ、蹴られてあばら骨を数本折るけがをしたこともあった。男を知る人は「いつの間にかおかしくなって、高校を卒業してから人と接しなくなった」と話している。

大きなトラブルになる前に対処

tv_20200730113601.jpg

   迷惑男を取り押さえたのは、警視庁葛西警察署の「生活安全課初動捜査班」で、6月中旬から活動を始めたばかり。葛西署独自の取り組みで、DVやストーカーなどの相談件数が増加したことと、近所トラブルは大きな事案になるケースもあり、初動が大事なために設置された。

   高木美保(タレント)「ご近所トラブルは、こじれてからでないと警察は取り合ってくれないものと思っていました。ご近所トラブルも早く動くのはいいことですよね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「家は選べても近隣の人は選ばないので、怖いですよ。葛西署だけでなく、全国でやってほしい」

   司会の羽鳥慎一は「非常にいい取り組みだと思います」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中