2020年 8月 13日 (木)

関テレらしいねっとりした復讐劇。玉木宏と高橋一生のイケメン2人には期待大。昭和の匂いのやくざボス(西郷輝彦)が面白い
<竜の道 二つの顔の復讐者 第1回>(フジテレビ、関西テレビ制作)

   さすが関テレと言うべきねっとり感が面白い。玉木宏と高橋一生という大人の美男子2人の、魅力的な双子の組み合わせにそそられるし、一方は天下のエリート官僚、一方はヤーさん世界のチンピラ。この2人が亡き育ての親の敵を討つなんざ、一見、何時の話だ、昭和の仁義ものか?と突っ込みたくなる設定だが、「身内の恨みを晴らす」主題は洋の東西、昔も今も不変のテーマである。

   2人の義父母は数年前、キリシマ急便の全国展開の犠牲になって霧島源平(遠藤憲一)社長に乗っ取られ、死んだ。残された矢端竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)と妹・美佐(松本穂香)は、苦労して育つ。竜一と竜二は親の復讐を誓い、表の世界(竜二は国土交通省官僚)と裏社会(竜一がいるのは反社会組織)のそれぞれで、キリシマ急便の弱みを探っている。竜一は整形して別人になる。

   竜一が関わる関東一円の大ボス・曾根村始に、あらら、懐かしい歌手の西郷輝彦(特別出演)が扮する。大邸宅に和服姿で、復讐話を聞いてニヤリとし、大金を要求するところが大いに納得。何故なら、暴対法以来、金に困っているヤーさん世界では、大金を出せば何でもやる、その仁義の無さが「さもありなん」だ。今のところ、曾根村が敵か味方かわからない。2回以後、どうやら竜二と美佐の間に男女の愛が芽生え、ややこしくなるらしいが、それもまた楽しみ。芸達者の高橋と、尖がった玉木と、2人ともに素晴らしい。(放送2020年7月28日21時~)

   (黄蘭)

採点:1.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中