2020年 10月 25日 (日)

コロナの夏に注目集める「手持ち花火」。「密」避け距離保てる⁈ アルコール消毒は厳禁!引火の恐れあり 花火禁止の公園にも注意を!

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   今年(2020年)は新型コロナウイルスの影響で各地の花火大会が中止となっているが、「密が避けられる」「ソーシャルディスタンスが保てる」として、例年に増して家庭用の手持ち花火が注目されている。  手軽に夏気分を味わえる手持ち花火だが、必ず注意すべきポイントもある。森田洋平アナウンサーが解説した。

花火の前の手指消毒は石鹸を使いましょう

   まずは花火をする場所について。森田アナ「戸建てで庭がある家はいいですが、それ以外の場合、周囲の方に迷惑がかからないよう、花火ができる場所を自治体や管理団体にしっかり確認をしてほしいということです。例えば公園でも、全面的に禁止しているところもあれば、禁止していないところもあるんですが、禁止していない公園でも花火をしていい時間や場所が限定されているところもあるそうなんです」

   また、新型コロナ対策として手指のアルコール消毒を習慣づけている人も多いだろうが、花火の前はNGだ。東京消防庁の実験では、アルコールを付けた手袋に火を近付けると簡単に引火した。

   森田アナ「お子さんだと火の近くを持ったりする可能性もあるので、花火を楽しむ前の感染症対策はアルコール消毒液ではなく石けんでしっかり手洗いをしてほしいと思います」

                                  文・ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中