2020年 11月 30日 (月)

お盆帰省、行くべきか行かざるべきか、それが問題だ!田舎のばあちゃん待っている...でも感染リスクが...!政府と地方で言うことチグハグ、一体どうしたらいいの?

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   今年(2020年)のお盆は帰省してもいいのだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大の傾向が止まらない。政府と各自治体の間でもちぐはぐな動きが出ている。

   きのう3日(2020年8月)、菅義偉官房長官は「県をまたぐ移動について国として一律に控えてほしいと言っているわけではない。帰省の注意事項について専門家の意見を伺う」と述べ、西村康稔経済再生相は「感染防止を講じて家族で過ごす分、何か問題があることではない。とにかく感染防止策の徹底が大事」と語った。

「帰省自体に問題ない」「体調管理と感染予防を」...だよねー

tv_20200804125355.png

   これに対し、大阪府の吉村洋文府知事は「帰省すること自体は問題ない。体調管理はしっかりやってもらいたい。体の異変があれば控えてもらいたい」。一方、埼玉県の大野元裕県知事は「できれば近場でとどめて頂きたい」、愛知県の大村秀章県知事は「特に高齢の家族がいる故郷への帰省自粛を呼びかけるメッセージを今週中に出したい」といっている。

   クロス・マーケティング社のアンケートによると、「帰省しない」は78%、「帰省する」は22%だった。ネットでは、「しない派」は「家族を感染させたくない。今年はリモート帰省します」「親戚から白い目で見られるので帰れない」。

   「する派」は「感染怖いけど...孫と祖母を会わせたいから帰省します」「自家用車で移動すれば感染リスクは低いと思う」

   鴻上尚志(作家・演出家)「政府はGoToトラベルの旗を振っているんだから、ここで帰省は危ないとは言えず、奥歯にモノが挟まった言い方をせざるを得ないということです。私は愛媛に母が老人ホームに入っていますが、東京とか大阪からの面会はダメですと通達が来ています」

   西村博之(2ちゃんねる開設者)「万が一、田舎の祖父母にうつしたら、と思うと普通行けないですよね。帰省しないが7割というのは当然と思いますね」

   東邦大学の小林寅喆(いんてつ)教授「どうしても行くのであれば、みなさんと集まっても、食事をする機会も限りなく減らすとか、いかに短い時間で対応するかといったことを考えるべきでしょうね」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中