2020年 10月 30日 (金)

「命に危険な暑さだ!」きょう東京・千葉・茨城で初の熱中症警戒アラート「男性も日傘をさそう!」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   「きょう(2020年8月7日)は危険な暑さが予想されるとして、気象庁が東京、千葉、茨城に熱中症警戒アラートを初めて発表しました」とキャスターの水卜麻美アナが伝えた。

   今年(2020年)7月から関東甲信の1都8県に試験導入された警報で、気温や湿度に日射・輻射(ふくしゃ)を加味した暑さ指数からはじき出す。気象庁はきょう日中に暑さが危険レベルに達すると予想し、きのう8月6日午後5時の発表時点から「命を守る行動」を呼びかけた。

「豪雨なら絶対に避難する特別警報にあたります」

tv_20200807104917.jpg

   気象予報士の藤冨郷は「いわば最後通告で、豪雨なら特別警報にあたります。その前の時点で、すでに高齢者は危険性が大きいです」と解説する。

   司会の加藤浩次「最後の最後に出す警報ということですね。アラートが出たから『じゃあ、気をつけよう』というのではなく、その前から危険は始まっている」

   全国61地点で35度以上の猛暑日となったきのう、東京都心も33・1度に達した。きょうの都心は最高気温36度の予報が出ている。

   加藤「全国で危険と考えていい」

   藤富「男性でも日傘は有効です。日射だけは抑えられます」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中