2020年 10月 25日 (日)

新婚二宮家のベランダが「血だらけ」? 犯人は鳥!家庭菜園のトマトが食い荒らされ「どうしたらいいんだー!」

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   「BAY STORM」(2020年8月9日夜10時~・bayfm) 嵐・二宮和也の新婚家庭に大問題が発生。自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で、自宅のベランダが鳥専用お食事処と化しているとぶっちゃけた。二宮は今春、自宅のベランダで家庭菜園をスタート。ミニトマトと大玉トマトとキュウリを植えた。順調に育ち、夏を迎えてからは新鮮な野菜の収穫を日々楽しんでいた。同番組でも「めちゃくちゃなってるんで、トマトほしかったらあげます」と自慢しまくっていた。ところが、緊急事態発生。「こないだもベランダがなんか血だらけみたい」になっており、その原因が判明、「鳥がトマト全部持ってっちゃう」現場をおさえたという。

   「今日もうあったまきて、朝6時からずっと見てたんすよ。窓の外、見張ってたの。そしたらまあまあでかい鳥2羽ぐらい来てて。何で(実が)できないんだろ、最近」と凝視していたところ、手塩にかけた我が子たちが食い荒らされる様を目撃したという。「あれはやられた、本当に。全部いかれてるんだもん。もう誰のために育ててるか、わかんないよ」とぶんむくれた。血だらけと思ったのが、鳥に食い荒らされたトマトの残骸だったことを明らかにした。

面倒くさがりなのに、きゅうりとトマト栽培にハマり「見ながら一杯が至福の時」

   「あれどうしたらいいんだろう、ネットかけたらいいのかな」と嘆息。「そう、だからそれがさ今ちょっと心配なんですよね。生きるためだから。でも私も生きるためにトマト育ててるからさ」と野菜栽培にかける真摯な思いを熱っぽく語った。その後「悔しい、本当に。本当に赤いのだけ取っていくのよ。緑のいかないのよ。独占権なんだろね。今あいつの中で、ここは」と理不尽な思いを訴えた。最後に「いやー、何か対策しなきゃな」と決意を新たにしたのだった。

   二宮の家庭菜園は昨年のシシトウに続いて2年目。先にドハマりしていたTOKIO・国分太一に押しつけられたのがきっかけで始めた。ところが、育てているうちにハマってしまい、あちこちで話題にしていた。キュウリを人工授粉させる苦労話や、水分不足でスカスカのキュウリに頭を抱えた話、せっかくなったトマトが赤く色づかない理由が分からず気をもんだ経験を語った。手のかかる子供は余計にかわいいらしく、「きゅうりとトマトに夢中。難しいな、だけど楽しいんだよな。楽しい、それを見ながら(酒を)飲んでるのが今一番楽しい」と至福のひとときが増えたことを手放しで喜んでいた。

   ゲームおたくでジャンクフード大好き、食に興味がないうえに何より面倒くさがりな性格から、二宮が家庭菜園にハマるはずがないと信じて疑わないファンが、新妻の匂わせ案件と揶揄する目にもあった。そんな逆境にもめげず、インスタストーリーに成長日記を何度も投稿するなど、変わらぬ家庭菜園愛を叫んできた二宮。グルメな鳥から総攻撃を受ける受難に遭遇してしまった。次回は電気柵や防鳥ネット、鳥除けグッズの導入成果の発表となるのだろうか。

知央   

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中