2020年 10月 30日 (金)

ポスト「第7世代」で勝負!見慣れぬ芸人は新鮮。逸材?に食いつくレギュラー陣も面白い
「ゴッドタン」(テレビ東京系)

   おぎやはぎ、劇団ひとりがレギュラーをつとめるバラエティ。2005年10月にスタートし、その後、何度か枠移動や休止を経て、現在に至る。なんだかんだいって15年、息の長い番組だ。

   恒例の人気企画も多く、なかでも「キス我慢選手権」はのちに「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」として映画化され、「マジ歌選手権」も、横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナで1万人以上の観客を集めてライブを行うまでになっている。バラエティ番組の1企画から映画になったり、ライブになったりするのは稀なことで、それだけこの番組が支持されているということだろう。

   で、この日、放送されたのも、そんな人気企画の1つで、「この若手知ってんのか!?2020」を。三四郎、宮下草薙、ティモンディなどもここからブレイクしたように、まだ見ぬ逸材と出会える。

   特に、今回は霜降り明星やEXIT、四千頭身、ハナコなど「第7世代」としてテレビに出まくっている若手とは違い、見慣れない顔ばかりが出てくるので新鮮なこと。「『こいつは天才だ!』と一目置かれている芸人」や「今の時代に売れそうな新世代芸人」などとして紹介していた。今回は前半で、赤もみじ、Gパンパンダ、カカロニが登場。レギュラー陣が、新しいオモチャを見つけたように食いつくところが面白い。多くのバラエティのように売れまくる「第7世代」に乗っかるのではなく、ポスト第7世代で勝負するのはさすが。(8月9日深夜1時45分~)

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中