2020年 9月 26日 (土)

国山ハセン「グッとラック!」を志らくから乗っ取り!? 辛坊治郎「番組メインは君みたい...」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   メインキャスターの立川志らくは今週いっぱいは夏休みということで、「スペシャルコメンテーターをお迎えしています。三たび襲来の辛坊治郎さんです」と司会の国山ハセンが紹介した。読売テレビの元解説委員長だ。その辛坊が、いきなりかました。

   「志らくさんに会えると楽しみにしていたので残念ですが、最近は、(番組の)メインはハセン君みたいな感じですよね」

   これには国山も大慌てで、「いや、そんなことないです。やめてください。そういうこと言うと、志らくさんがツイッターでまたつぶやくので...」

   いや、辛坊が指摘する通り、普段から番組の進行は国山が中心で、志らくはただ突っ立てるだけで、辛口といわれる割にはコメントに切れもない。

志らくは2週続けてお休み

tv_20200812113736.jpg

   辛坊はさらに続けた。「このまま頑張っていけば、絶対、羽鳥を抜ける!」。羽鳥とは、同じ時間帯のテレビ朝日系「モーニングショー」の司会の羽鳥慎一で、視聴率で「グッとラック!」は大きく引き離されている。国山は「具体的に、羽鳥さんと比べていただいても...」とのけぞった。

   結局、この日の放送はほぼ2時間「辛坊治郎さんに聞きたい『新型コロナに関する5つの疑問』」という内容で、辛坊は「こんなこと言うと身も蓋もありませんが、私、(新型コロナについて)素人ですから」といいながら、「Go Toトラベルは感染防止してからなんて言っていたら、観光業は壊滅する」「PCR検査は個人が感染してるかどうかを判定するための指標として有効なのかどうか」など、持論を振り回しただけだった。

   それにしても、志らくはPCR検査は陰性だったが、先週は体調を崩して番組を休み、今週も出演なしというのは、やはりなにか万全ではないのか。それでも、番組は違和感なく進行するというのは、やはり「メインは国山」を証明している。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中