2020年 11月 28日 (土)

「MIU404」ガマさん小日向文世の圧巻の演技に「胸アツ」と号泣の嵐!「UDIラボ」登場に「アンナチュラル」との壮大な仕掛けがありそう!と歓喜の声も

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

「一瞬ごとに変わるガマさんの形相、ギャーと声をあげてしまった」

   「涙なしでは見られない回だった。小日向さんが出てきた時点で、こんなチョイ役で終わらないだろうなとは思っていたけど、まさか犯人になってしまうなんて。刑事である前に1人の人間。抑えきれない復讐心もあると思ってしまった」

   「今回はとにかく小日向さん!もう一瞬ごとに別人の形相で、奥さんとの日常、伊吹と対峙している時、他の刑事と対峙している時、犯人との風呂場、志摩と会話する場面。まるで違う顔でゾクゾクした。怖かった。あのひき逃げの場面の傘の演出も、ガマさんと共に視聴者の感情を逆撫でるに値したし、観ていてギャーと声をあげてしまった」

   「伊吹の部屋で志摩が事件の話をしているシーン。ガマさんが事件の真相を語っているシーン。最後の屋上のシーン。伊吹の表情や声のトーンがどんどん変わっていく綾野剛さんの演技は本当にすごいと思いました。そして、事件の真相を外で聞いていた志摩の表情もまたすごく良かったです。伊吹がガマさんに、どこで止められた?いつなら止められた?どうすればよかった?と言ったシーン。なんかすごく悲しくなって涙が止まりませんでした」

   「この回からの『実はこんな恩師がいて』話でなくて、外国人労働者の回でサラッと2人のシーン作っているのがいいのよ。この伏線で感情移入がまた違う。1話完結の話を融合させながら、各話のストーリーで、会話や細かい比喩まで凝ってキャラ立ちさせているので、時間を共有してきた人たちが関係してくる縦軸話のときのスケールがデカイ。脚本家すげぇな...って思う」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中