2020年 11月 1日 (日)

「あまりに非常識」!ココリコ遠藤はじめ吉本芸人4人がコロナ感染!YouTubeで距離とらずマスクなしの大騒ぎ動画生配信。吉本興業は動画削除!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   吉本興業は「ココリコ」の遠藤章造(49)、じゃぴょん桑折(47)が新型コロナウイルスに感染したことを8月15日(2020年)に発表。「極楽とんぼ」山本圭壱(52)、「品川庄司」の庄司智春(44)も感染が確認された。

   この4人は8月8日に軍団山本公式YouTubeチャンネルの動画生配信を行っていた。4人を含む計6人でマスクを付けずに屋内でテーブルを囲み、向き合っての会話や大声での歌、席替えなどを行うなど、配信は1時間にわたって行われていた。

「悪い見本として動画は残すべきだった」

tv_20200817110240.jpg

   しかし、3日後の11日に山本圭壱が体調不良を訴えたのを皮切りに、次々と参加者の体調が悪化。PCR検査の結果15日までに4人の感染が確認された。4人は「全く情けない話です。自分たちの対策の甘さから引き起こした可能性があります」とSNSで謝罪。

   吉本興業はこれまでも一定の距離をあけて撮影するなど感染予防ルールを守るよう注意を呼びかけていたが、今回「あまりにも常識から逸脱していた」として動画を非公開にするよう指示を出している。

   松本哲哉(国際医療福祉大学主任教授)「生配信が感染のきっかけになったと思われます。この4人の中の一人が他の3人にうつしたのではなく、他に感染源がいたという可能性が高い。(3日目・4日目で発症しているが)相当なウイルス量が曝露されたのではないか」

   司会の加藤浩次「動画を見たが、全く距離を取っていない。マスクもしていない。彼らはダメだと思う。吉本が動画を削除したのもダメだと思う。この映像を見て、こういう状況でクラスターになるということを世の中に伝えるために削除してはいけなかったと思う」

   松本哲哉教授「悪い見本になってしまうかもしれないが、参考にするためにアップしていただければと思う」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「一言でいうと無防備。ある意味では教訓的な動画だと思うが、多くの人に見てもらうのだから、反面教師になるよりはいい見本の方がいい」

文   みっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中