2020年 10月 25日 (日)

中華の達人が作る「ゴーヤーと豚ひき肉の甘辛炒め」 苦味と甘味が調和してフワちゃん「見た目もカワイイ!」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「みんな!ゴハンだよ」コーナーで、中国料理店オーナーシェフの菰田欣也さんが「ゴーヤーと豚ひき肉の甘辛炒め」を作った。菰田さん「ゴーヤーの苦味を活かしつつ、おいしい料理にします。お酒にもいいですし、ご飯にも合う一品です」

ゴーヤーは1センチ角、小さめに切るとちょうどいい苦味に

   ゴーヤー(180グラム、約4分の3本)はスプーンで種とワタを取り除き、1センチ角に切る。

   菰田さん「(ワタ取りは)少し白い部分も残しつつ、ざっくりでいいです。苦味を全部消してしまうと味気なくなっちゃうので、あえてワタも残していきます。あまり大きく切ると苦味が強くなって、噛めば噛むほど口の中が苦くなってしまうので、小さめに切ることもゴーヤーを使うときのポイントのひとつです」

   とうもろこし(90グラム、約2分の1本分)の粒を芯から切り取り、手でほぐす。

   菰田さん「とうもろこしは食感があるので、噛む回数が多くなります。噛むと甘味が出てきて苦味と調和してくれるんです。缶詰とか色々あるんですが、旬なので是非フレッシュなとうもろこしを使っていただきたいです」

   熱したフライパンで油をひかずに豚ひき肉(100グラム)を中火で炒める。色が変わってきたらゴーヤーを入れ、緑色が鮮やかになってきたらしょうが(みじん切り・小さじ1)、にんにく(みじん切り・小さじ2分の1)を加えて香りを立たせる。

   豆板醤(小さじ2)、甜麺醤(テンメンジャン・小さじ1)を入れて炒め合わせたら、酒(大さじ2)、砂糖、オイスターソース(各小さじ1)を加え、最後にとうもろこしを入れてサッと炒めたら完成だ。

   ゲストのフワちゃん(YouTuber)「すっごいかわいい!つぶつぶがいっぱいでタピオカみたい」

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中