2020年 10月 25日 (日)

新型コロナ「濃厚接触者」の「濃厚接触者」はどう過ごすべき?「あさイチ」スタッフ夫婦の実体験から対策をさぐる

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   あさイチのスタッフから新型コロナウイルスの感染者が出たことを受けて、視聴者からはコロナ関連の意見や質問が続々と寄せられている。中でも「濃厚接触者」がどういう対応をすべきか、というものが多いという。

   保里小百合アナウンサー「あさイチのスタッフにも、感染者とは別に3人の濃厚接触者になった人がいます。その体験談をもとに皆さんと一緒に考えていきたいと思います」

   そもそも濃厚接触者とは、感染者の発症2日前以降に接触し、感染の可能性が高いと保健所が判断した人を指す。濃厚接触者は、感染者との接触後14日間は健康観察と不要不急の外出を控えること、保健所の指示に従うことが求められる。

   中川安奈アナウンサー「濃厚接触者に認定されることで直面するのが家庭内感染への不安です。30代の男性ディレクターの家族が自宅待機の2週間を振り返り、どう過ごしたか伝えてくれました」

洗い物や換気は1日10回以上

   濃厚接触者と認定された浅井ディレクターの妻は、夫が自宅待機をしていた2週間、自身も仕事を休み、できるだけ外出を控えていたという。

   感染している可能性を考え、浅井Dは常にマスクを着用。1LDKのマンションでは二人の生活スペースを完全に分けるのは難しく、浅井Dができるだけ食器や台所周りに触れないようにする対策を取った。妻が1日10回以上洗い物をし、こまめに除菌するようにした。

   妻「今までは1回お茶を飲んでも、おかわりは同じコップでやっていたけど、ここにもしかしたらウイルスがあるかもと思うと洗っておいた方がいいなって。1日中ずっと洗い物している」

   食事の際は2メートル以上離れ、衣類やタオルも何度も洗濯。部屋の換気も1日10回以上行った。どのくらいの頻度で洗濯や換気を行えば安全かがわからず、手探りの感染予防に追われる毎日が続いたという。

   妻「濃厚接触者の濃厚接触者は濃厚接触者じゃないって言われたけど、一応濃厚接触者のように過ごした。一番中途半端な立場で、本当にどうしたらいいのか悩んでいる方は多くいると思うし、私自身もすごく悩みました」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中