2020年 11月 29日 (日)

直立姿で一世風靡・レッサーパンダ「風太くん」のいまは? あれから15年、もう立たないけどとっても元気...子孫46頭の「ビッグダディ」に!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの影響で同僚や友達と顔を合わせて話す機会が減った今、行き場を失った「どうでもいい話・雑談」を視聴者から募るコーナー「わたしのニュース」に、千葉市動物公園からもニュースが寄せられた。

   2005年、背筋を伸ばして立つ姿が「人間が着ぐるみに入っているようだ」などとして話題になったレッサーパンダの風太くんが、この動物園でまだまだ元気に暮らしているという。

今年7月で17歳に...人間でいうと85歳くらいの高齢

   飼育員の岡部千裕さん「風太は立たなくなりましたが、とっても元気です。当時(2005年)2歳だった風太は、今年(2020年)の7月5日で17歳になりました。人間でいうと85歳くらいの高齢にあたります。ブームの時はまだ若く好奇心旺盛だったため、周りに興味津々でよく立ち上がっていたんです。最近は歳を取ってゆっくりと休んで過ごす時間が長くなりました」

   博多大吉キャスター「風太くんから15年経つんだね。お客さんも驚くんじゃないですか?風太くん、お元気なんだって」

   岡部さん「もう死んでしまっているんじゃないかと思っているお客さんもいると思うんですが、まだまだ元気ですよ。風太には、子供、孫、ひ孫、玄孫まで、全部で46頭が全国の動物園で暮らしています」

   大吉キャスター「風太くん、ビッグダディじゃん!」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中