2020年 10月 25日 (日)

あのややこしい渋谷の駅で、交通機関を動かしたまま線路を動かす大工事。日本の土木技術者の奮闘にあっぱれ!
<NHKスペシャル 東京リボーン第5集 渋谷 迷宮大改造>(NHK総合)

   キャッチフレーズに『JR史上最難関の大工事!』とある。筆者は渋谷が大嫌いである。何故なら、もともと谷底のような地形の中に何本もの電車が集まっていて、駅前の歩道橋が美的でないし、お上りさんが多い。歩いていると無作法なスマホお兄ちゃんやお姉ちゃんがぶつかってくる。だから、必要最低限しかあの街には行かない。
   あの迷宮を大改造するのだ。しかも、日常の交通機関運転のままで線路を移動するなどと、恐ろしいことをやってのける日本の技術力はアッパレとしか表現できない。NHKが密着取材していた。5月29日の深夜から6月1日にかけて、54時間以内にホームを350メートル移動させる。はっきり言ってピンとこない。埼京線や湘南新宿ラインなどが使っている線路を動かすのだが、想像を絶する。
   途中で不具合も発生したり、何しろコロナ禍の中での工事である。技術者たちは重装備の上に時間に追われる。指揮している男性が顔の半分しか見えないが若そうで驚いた。30分ぐらい予定より時間を押したが、無事に移動した線路の上を電車が安全に通った。
   筆者の大学同期に土木工学出身者が複数いた。五島列島の橋梁を指揮したりしたと聞いてはいたが、彼らもこんなに困難、且つ、人類に貢献(!)する仕事をしたのかと改めて感心する。あのややこしい渋谷の工事現場を俯瞰で撮ったカメラの努力も素晴らしい。完成するまで続けて撮るのだろうが、どうか誰も怪我しないでおくれ。(放送2020年8月22日21時~)

(黄蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中