2020年 10月 30日 (金)

青木理 総括して曰く。『政治の恐るべき貧困』・・安倍退陣歓迎
<ウェークアップ プラス>(日本テレビ系)
<サンデーモーニング>(TBS系)

   『ウェークアップ』にリモート出演した元防衛大臣の稲田朋美が、背中が痒くなるような猫なで声で「安倍総理に感謝する」的なヨイショ発言をし、就中、辛坊治郎に聞かれて、「女性が活躍するべきで、いずれは総裁選に出る」ことをぬけぬけと喋った。筆者は稲田の防衛大臣当時の、辞任原因となった南スーダンPKO日報隠蔽問題を忘れていない。本当に弁護士なのかと疑いたくなる凡人である。

   『サンデーモーニング』に出演したジャーナリストの青木理は、今回の安倍辞任劇について、「政治の恐るべき貧困」と総括した。言いえて妙で、筆者は第1次安倍内閣当時から、安倍の資質に疑問を持っていた。1国のリーダーに必要な切れる頭脳と、大所高所から360度を俯瞰する視野の広さが欠けた人物だと思い、この8年間、暗澹たる気持ちが払拭できなかった。退陣は遅きに失した。

   さらに付け加えると、彼は人間としての誠実さに欠けた。モリカケ問題でも、桜問題でも、明らかなウソが多かった。メディアの劣化によって、それぞれの場で追及されないことをいいことに、のうのうと生き延びた。つまり、この愚鈍なリーダーを長くのさばらせ、「恐るべき貧困」をもたらした罪は、ジャーナリズムの方にもある。

   安倍晋三が尊敬する祖父の岸信介は、不細工な反っ歯のご面相で情けなかったし、60年安保騒動の時、ゲジゲジのように忌み嫌われたが、少なくとも晋三より遥かに頭はよかった。退陣を歓迎する。(放送「ウェークアップ プラス」2020年8月29日8時~、「サンデーモーニング」2020年8月30日8時~)

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中