2020年 11月 30日 (月)

〈未解決の女 警視庁文書捜査官/第5話「銀行立てこもり事件」〉(テレビ朝日系9月3日木曜放送)
12年前の殺人現場に残された「三」の文字...銀行立てこもり犯の1人は、当時の事件関係者だった。「三」の意味とは、そして真犯人は逮捕できるのか...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「三」はある文字の一部では...鳴海に「文字の神様」降臨!

   そのころ文書解読係の巡査部長・矢代朋(波瑠)は、12年前の事件当日、河本の施設卒業を祝う会のために奈津が用意した寄せ書きを入手した。文書捜査のエキスパートの警部補・鳴海理沙(鈴木京香)は、そこに書かれた「麦」の文字と、ある文書に残されていた三田の筆跡に強い違和感を覚える。

   その矢先、人質の一人が持病を発症し、河本はその急病人と交換する人質として鳴海を指名してきた。鳴海は矢代と草加に2つの違和感のことを告げ、銀行へ入っていく。

   12年前の現場に残された「三」の本当の意味は? 3人が銀行に押し入ったのは12年前の事件の解決だけが目的なのか? 奈津を殺した真犯人は一体誰なのか?

   身代わりで人質となった鳴海についに『文字の神様』が降臨し、12年前の現場にあった「三」はある漢字の一部だと分かった。そして、実の娘の救出と真犯人逮捕のため、草加が取った行動とは......!(よる9時放送)

寒山  

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中