2020年 10月 25日 (日)

「わたナギ」きょう最終話。放送前から惜しむ声でざわつくネット、前週第8話の視聴率16.7%を超えられるか?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   TBSの人気ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が、きょう(2020年9月1日)、最終話を迎える。仕事オンリーのキャリウーマン相原メイ(多部未華子)と、スーパー家政夫鴫野ナギサ(大森南朋)が繰り広げる恋愛コメディで、7月7日の放送開始ののち、「こんな家政夫さん、私もほしい」「癒される」と女性に人気が沸騰している。視聴率はうなぎ上りで、平均視聴率(世帯)は7月7日の初回14.2%だったのが、右肩上がりに上昇し、8月25日放送の第8話は16.7%と番組最高を記録する絶好調ぶりだ。

   その放送もいよいよ1日が最終話。前週は、転勤することをメイに告げたナギサさんに、メイは、この人しかいない、絶対手放さない!と「結婚します?」と突然、逆プロポーズするのだった。エンディングで流れた最終話の予告では、メイとナギサさんの結婚生活の場面も写り、果たして二人はどうなるのかに注目が集まる。

   最終話の放送前からネットはざわついている。ほとんどが、終了を惜しむ声だ。

  • メイとナギサさんのトライアル結婚生活がはじまる(TBS番組ホームページより)
    メイとナギサさんのトライアル結婚生活がはじまる(TBS番組ホームページより)
  • メイとナギサさんのトライアル結婚生活がはじまる(TBS番組ホームページより)

「終わるの惜しい」「寂しすぎる」

   「最初まったく期待せず見始めたのに、今では一番大好きなドラマになり、あと一回で終わるのかと思うと寂しい限り。今回(第8話)のラストのシーンで、ナギサさんが辞めるとなって、多部ちゃんがやっと自分の想いに気づくところで、私も大号泣。まさかこのドラマで泣くとは予想だにしていなかったな(笑)。多部ちゃんの切羽詰まった演技が、すごく上手いな~と思いました。いい役者さんですね」

   「いいドラマだった終わるの惜しい、役者さん達がそれぞれの個性を活かした演技を見せてくれた。多部さんや大森さんは原作にも負けない程のリアリティーがあったし脇を固める役者さん達もプロの仕事だった」

   「もう終わり?と思ったらもう8回もやってたんだな。でも、まだ終わらせてほしくない。あと、せめて2~3回は見たかった」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中