2020年 9月 27日 (日)

〈私たちはどうかしている/第6話〉(日本テレビ系9月16日水曜放送)
七桜の正体が「さくら」であることが椿にわかってしまった。そんな中、光月庵に火事が発生、火の手がさくらと椿に迫りくる

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   金沢の老舗和菓子店「光月庵」で年に一度開かれる大旦那・高月宗寿郎(佐野史郎)の茶会『夕ざりの茶事』の日がやってきた。

   花岡七桜(浜辺美波)は、母親の大倉百合子(中村ゆり)が犯人とされた15年前の先代当主・高月樹(鈴木伸之)殺害事件の真相を探るため、この茶会の後にだけ錠が解かれるという樹の部屋に入る機会を狙っていた。七桜は店の古株の菓子職人・山口耕一(和田聰宏)から、夕ざりの茶事の後で宗寿郎がただ一人、この部屋で一服の茶を飲み、亡き樹を偲ぶと知らされたのだ。

  • 「わたしたちはどうかしている」(日本テレビの番組ホームページより)
    「わたしたちはどうかしている」(日本テレビの番組ホームページより)
  • 「わたしたちはどうかしている」(日本テレビの番組ホームページより)

椿は、今日子が多喜川薫の父親と不倫して生まれた子だった

 

   茶室で大地主・多喜川薫(山崎育三郎)や名旅館「長谷屋」の長谷栞(岸井ゆきの)など大事な来賓をもてなす膳が振る舞われた後、光月庵の跡取り息子・椿(横浜流星)が作り上げた美しい『夕顔』の御菓子が供される初座が始まった。

 

   そのころ、椿の母親で女将・高月今日子(観月ありさ)は宗寿郎の部屋で、宗寿郎が書いた遺言書を探していた。遺言状には「すべての財産を孫・椿に相続させる。ただし、光月家の血を引く孫が現れた場合、その孫がすべての財産を相続する」と書かれており、今日子が多喜川薫の父親と不倫して生まれた椿に不利なため、始末しようとしていたのだ。

   そこに初座を終えた宗寿郎が戻ってきて鉢合わせに。「お前は蛇だ!」「どうして裏切った?」と怒鳴る宗寿郎に、今日子は「あなたはどうして、私から何もかも奪おうとするのですか?」とつかみかかる。

 

   一方、宗寿郎が茶室にいないことを不審に思った七桜は、宗寿郎を探して樹の部屋へ。しかし、錠前の外された室内にいたのは、樹の着物を愛おしそうに抱きしめる今

日子だった。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中