2020年 11月 30日 (月)

「私たちはどうかしている」怒涛の二部に大興奮!「暗黒面に落ちた七桜が怖可愛い!」「豹変して色気がグッと増した」「ブラック七桜が美しすぎる」「どうなるの?両親と同じ不倫に?」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「闇に落ちた浜辺美波の美しい姿に圧倒された」

   「ブラック七桜が怖可愛い。最高にドラマチックでした。火事のシーンが実にリアルでしたね。まだ興奮覚めやらない状態です。ただ、七桜がまさかの闇落ちで、今後の展開か全く読めません!でも、6話の厨房で七桜が椿の『夕顔』をしみじみ眺めて『目に焼き付けておきたい、椿のつくるお菓子は全部』と言ってくれた事を心の拠りどころにして第二部を待ちたいと思います(涙)」

   「7話の予告で豹変した浜辺さんの姿を観た瞬間、その美しい姿に圧倒されてしまいました。こんな女性が急に現れたら男性、いや女性でも全身が固まってしまうのでは? 前から浜辺さんは独自の演技スタイルで、最初は違和感をもたれる事が多いですが、最後は中毒になってしまいます。だからこの若さで主演が出来るのでしょう」

   「こんなのいやだー。なんだかんだ、楽しみに見てきて、椿と七桜を応援して気を揉んできたのに...いきなり3年も経っちゃうの?2人が過ごした日々より長い。しかも、なんだか七桜が嫌な雰囲気になっているし。悲しいな。それにしても、同じ和菓子職人として、こんな近くに(喜多川さんのテリトリー)いたのに、探し出せなかったのか、椿?」

   「3年後感がしっかり出ていた!髪型もありますが、目つきとか表情が変わっていた。暗黒面へ落ちた七桜!と思わせる変貌ぶりに浜辺美波の演技力躍如と思いました!さすがだてに『蛇喰夢子』(じゃばみゆめこ・テレビドラマ『賭ケグルイ』の主人公)はやっていないですね!あと、6話のラストの火事現場の回想を見て本当に最後に椿を助けたのは栞ではなくて、七桜だったとも感じました。あくまで希望的観測ですが...」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中