2020年 10月 25日 (日)

「妖怪シェアハウス」最終回 妖怪の道を選んだ澪の決断に絶賛の嵐!「今季最高のドラマ」「美しすぎるラストに泣けた」「妖怪たちがメッチャ優しい」「ぜひ続編作って」  

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   小芝風花(23)主演のテレビ朝日系ドラマ「妖怪シェアハウス」最終回が19日(2020年9月)に放送された。二人の男から結婚を申し込まれ、人間と結婚しなければ「妖怪化」を止められない澪(みお・小芝風花)が選んだ決断、そして相手とは!

   驚きのラストに、ネットでは「うわー、そう来たか。感動した!」「美しすぎるエンディング。今季、最高のドラマ!」「ぜひ続編をつくって欲しい!」という絶賛の嵐だった。

  • 妖怪になって新たな旅立ちをする澪(テレビ朝日の「妖怪シェアハウス」番組ホームページより)
    妖怪になって新たな旅立ちをする澪(テレビ朝日の「妖怪シェアハウス」番組ホームページより)
  • 妖怪になって新たな旅立ちをする澪(テレビ朝日の「妖怪シェアハウス」番組ホームページより)

澪は「人におもねらず、角を隠さず...」の人生を選んだ

   物語は、妖怪化を止めるためには人間と結婚をするしかないが、ドSな上司の編集長・原島(大東駿介)と、上から目線の神主・水島(味方良介)の2人からプロポーズされた澪(みお・小芝風花)が悩んでしまう。見かねた座敷わらし(池谷のぶえ)は、お岩(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、ぬらりひょん(大倉孝二)ら妖怪たちに声をかけ、天狗大王の元へ向かう。

   妖怪たちは、自分たちの宝物と引き換えに札を手に入れ、澪にお守りとして手渡す。札の力で澪は、水島と原島との結婚生活、2つの道を実際に体験する。札はパラレルワールドを実体験できる「切り札」だった。現実世界に戻った澪は、締め切りが迫った原稿執筆に没頭する。そして、妖怪たちとの思い出を振り返りながら「生きたいように生きて何が悪い」「常識なんてくそっくらえ!」と自分の人生を自分で決め、妖怪になる覚悟を決めるのだった。

   ネットでは、「妖怪さん達メッチャ優しい」「はまりました!」「続編待っていますよ」という称賛の声にあふれた。

   「人におもねらず、角を隠さず。澪ちゃんがこういう選択をするとは!二人のどちらを選ぶのだろう、なんて決まりきった選択肢しか浮かばなかった自分に、喝を入れたい気分です!知らない間に人や世の中の常識に合わせることばかりで、本当はこうしたかったのに、型にはまった選択しかできない自分になっていた!と気づかされました。いいラストをありがとう!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中